【特徴1】除菌率99.99%

除菌成分である次亜塩素酸は、次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌能力があると言われており、その高い除菌力でさまざまな菌・ウィルスにその効果を発揮します。
【特徴2】高い安全性

電解次亜塩素酸は無色透明、味やニオイはほとんどなく、見た目は水道水とほぼ同じ。また、さまざまな試験で安全性を検証した結果、全て異常なしと評価されています。
【特徴3】各種機関有用性あり

次亜塩素酸水は、各種機関から「有用性がある」として評価されています。経済産業省は、次亜塩素酸水の一部商品を手や指にも使用可能であると発表しています。


電解次亜塩素酸の高い除菌力で、さまざまな施設の除菌・消臭を行います。


たとえばノロウィルスはアルコールでは除菌できません。
電解次亜塩素酸の高い除菌力は、さまざまな菌・ウィルスにその効果を発揮します。
★次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の除菌力

電解次亜塩素酸の除菌成分である次亜塩素酸(HCLO)はきわめて残留性が低く、同じ濃度の次亜塩素酸ナトリウム(NaCLO)の約80倍の除菌能力があると言われています。

※参照・・・厚生労働省「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料」

電解次亜塩素酸は無色透明で、味やニオイはほとんどありません。ベタつきもなく、見た目はほとんど水道水と変わりません。また、有機物に触れると水に戻るため、消毒後に水拭きする必要がありません。

★安全性試験において全て異常なし

電解次亜塩素酸の安全性はさまざまな試験で検証され、全て異常なしと評価されました。

次亜塩素酸水は、各種機関から有用性を認められています。 特に経済産業省は、次亜塩素酸水の一部商品を、食品やドアノブなど身の回り品だけでなく、手や指にも使用可能であると発表しました。
(2020年4月17日現在)

※次亜塩素酸水は厚生労働省で認可、経済産業省ではコロナウイルスに対する有効性評価を実施中です。